<   2011年 09月 ( 18 )   > この月の画像一覧
レム・コールハース『Project Japan』出版記念イベント開催
「メタボリズムの未来都市展」(森美術館)シンポジウム出席のため、
オランダの建築家レム・コールハース氏が来日しました。

『Project Japan』を刊行したコールハース氏を東京大学にもお招きし、
出版記念イベントとして公開討議を開催しました。


日時:2011年9月17日(土)16:00〜18:00
場所:東京大学工学部1号館15号講義室
ゲスト:レム・コールハース、伊東豊雄、八束はじめ、藤原徹平、重松象平ほか
協力:東京大学隈研吾研究室・千葉学研究室


会場の15号講義室は立ち見の方も含め、大勢の聴講者で溢れかえりました。
(混雑のため入場をお断りせざるを得なかった皆様には、申し訳ございません。)

続きを読む
[PR]
by kumalab-blog | 2011-09-26 23:51 | 講演会-Special Lecture
「復興の職人」シンポジウム(10/1・宮城)
a0232235_2119446.jpg建築家・隈研吾がいま、問い直す復興の道。

東日本大震災からの復興に貢献している人々や、
東北が誇る伝統文化の職人たちが培ってきた復興の智恵をつむぎます。



■日時:2011年10月1日(土)14:00-17:30(13:30開場)
 (1)基調講演 隈研吾 14:00-14:45
 (2)パネル・ディスカッション
    隈研吾×「復興の職人」 15:00-17:30

■会場:宮城県登米市「伝統芸能伝承館森舞台」
   (宮城県登米市登米町寺池上町42)
■入場料:無料


*アフタートーク・パーティーあり(有料)
時間:18:00-19:30
会場:とよま観光物産センター「遠山の里」


■主催:隈研吾建築都市設計事務所、湘南遊映坐
■協力:登米市観光物産協会、とよま振興公社ほか
[PR]
by kumalab-blog | 2011-09-26 21:45 | お知らせ-Information
ソウト・デ・モウラ氏講演会/Special Lecture: Souto de Moura
本日、東京大学にてポルトガルの建築家、ソウト・デ・モウラ氏とカリーリョ・ダ・グラサ氏の講演会があります。
ソウト・デ・モウラ氏は2011年プリツカー賞受賞者です。

隈研吾教授が当講演会のモデレーターを務めます。

日時:2011年9月26日(月)15:30-18:00
会場:東京大学工学部1号館15号教室
モデレーター:隈研吾


There will be special lectures by Eduardo Souto de Moura and Carrilho da Graça today.
Eduardo Souto de Moura is the winner of the 2011 Pritzker Prize.

Date: September 26th 2011(Monday) 15:30-18:00
Venue: Lecture Room #15 of Engineering Building #1, the University of Tokyo (Hongo Campus)
Moderator: Kengo Kuma


参考(See also): 3 Lectures by Eduardo Souto de Moura and João Luís Carrilho da Graça
[PR]
by kumalab-blog | 2011-09-26 00:52 | お知らせ-Information
一山越えて
美しいビーチに目もくれず、ひたすら作業に追われるクロアチアワークショップです。
今日の昼に課題提出が終わり、残すは明日のプレゼンだけとなりました。

a0232235_1936595.jpg

みんな課題に追われています
作業スペースはエアコンがないですが、湿度が低いのでそれほど不快ではありません。

a0232235_20173561.jpg

それでも外に出ればこんなに美しいリゾート地だというのに、、。

a0232235_19345128.jpg

先日行なわれた中間発表の様子です。

a0232235_19441391.jpg

中間発表後には日本人がホスト役となってパーティーを行ないました。
ひさびさの日本食に食も進みます。

a0232235_20151814.jpg

ワークショップに関連して隈さんによる公開レクチャーも行なわれました。
クロアチアの学は隈さんを始めたくさんの日本人建築家を知っています。
会場も満員です。

a0232235_19543048.jpg

隈さんも美しいビーチには目もくれずひたすら仕事です。
僕たちも見習わなければなりません。

残す所あと一日、みんなの発表が楽しみです。
[PR]
by kumalab-blog | 2011-09-18 23:32 | クロアチア-Croatia
意見交換会
湯河原ワークッショップ2日目。
前日は全体のプレゼンの流れをみんなで考え、作業を分担して夜遅くまで今日のプレゼンのためのスケッチを書いてもらいました。
a0232235_1852753.jpg

朝9時からクレアーレで作業開始。
プレゼンの流れを確認しながら、足りない所を補足していった。
a0232235_1804930.jpg

ステンドグラスの破片を使って模型も作成。
a0232235_1812286.jpg

3時のプレゼンに向けての練習。全員が発表するように分担し、練習を始めたが練習途中にゲストの方々がいらっしゃって練習出来なかった人も。。。すいません。
a0232235_1816407.jpg

3時。斉藤栄(熱海市長)、山本一郎(湯河原温泉旅館共同組合理事長)、渡邉宗男(伊豆湯河原温泉観光協会会長)をお招きしての意見交換会を開始。
a0232235_18212175.jpg

湯河原は自然に囲まれた、緑あふれる水のきれいな場所である事を地元住民に再認識してもらえるような、観光客のためではなく、地元住民のための育むポケットパークを提案した。
a0232235_18202622.jpg

ゲストの方々に観光客目線ではない、地元住民のためのポケットパークという点に好評価を頂いた。
プレゼンを聞いていて楽しかったとの一番の褒め言葉も頂きました!!

意見交換会を終えてみんなで懇親会。
市長の日常生活や苦労話など普段聞けない話を聞けたり、なぜか怪談話で盛り上がったり。今回の提案を踏まえて実現するためにどう進めて行くかという話も。
a0232235_18365498.jpg

芸大生、クレアーレの方との集合写真。
a0232235_1823215.jpg

今回芸大の壁画研究室という建築学科とは違う分野の学生と一緒に作業をして、芸大生の作品として仕上げる集中力、こだわり抜く力などを学べました。
今度は芸大生のフィールドで、今回提案した残置提案の「もの」を実際に創るというワークショップを是非やりたいです。

田中
[PR]
by kumalab-blog | 2011-09-16 20:00 | 湯河原-Yugawara
湯河原ワークショップ1日目
こんにちは。

9/15から17にかけて神奈川県湯河原町のまちづくりワークショップに田中と坂根が行ってきました。
湯河原町は千歳川をはさんで静岡県熱海市と接している地形の起伏に富んだ場所です。

a0232235_1454434.jpg


昨年の湯河原町の地域活性化の提案に引き続き、今年は道路拡張工事によって生まれる小さな残地をポケットパークとして利用する提案を行います。

拡張が予定されている道路の様子です。

a0232235_14431087.jpg


この湯河原ワークショップでは、地元にあるクレアーレというステンドグラスや陶板を製作している工房と東京藝術大学大学院美術研究科 壁画研究室の助手2名、博士1名、院生3名の方々との共同での提案を行いました。

到着したその日に早速敷地を見学にいきました。

ポケットパークとして利用が検討されている3つの敷地です。

敷地1
写真右手が拡張予定の道路です。
敷地の背後に民家があり、温泉やぐらと呼ばれる鉄塔が残っているのが特徴です。

a0232235_14561438.jpg


敷地2 
この地域のシンボルツリーとなっている大きなメタセコイヤが隣地に生えていますが、道路拡張に伴い伐採されるそうです。
白い囲いの向こう側には新しく老人ホームができる予定です。

a0232235_1561526.jpg



a0232235_151116.jpg


敷地3
3つの敷地の中で最も小さい敷地です。
泉公園を見下ろす場所に位置しており、敷地調査中に隣地に住んでおられる住人の方からお話をうかがうことができました。

a0232235_1511524.jpg



敷地を見た後はクレアーレに戻ってコンセプトや各自の提案を全員で話し合いました。


a0232235_1514417.jpg


明日はまとめた提案を斉藤栄熱海市長を迎えて意見交換会にて発表します!
[PR]
by kumalab-blog | 2011-09-15 11:00 | 湯河原-Yugawara
クロアチアブログ開始
諸事情により、ブログ投稿おくれました。これから毎日更新していきます。
今回は一日目と二日目を連続しておくります。
入国、スプリット入りをはたし、ついにワークショップ初日が始まりました。
一日目はダルコ・ラドビッチ先生につれられて、スプリットの街歩き。
a0232235_6444887.jpg

ディオクレティアヌス帝の宮殿がそのまま人が住み、売買を行う都市になっ
たところで古きものが少しずつ更新されてできた歴史ある場所です。
a0232235_65627100.jpg

メモ、写真。
a0232235_650283.jpg

a0232235_754042.jpg

初日の夜は屋上でパーティがありました。
a0232235_705014.jpg

二日目はダルコ先生の講義と事前に調査していたA3の発表約1時間
を終えたあと個人によるフィールドワーク約6時間を行いました。
a0232235_7195385.jpg

おひる休憩。自分は写真を撮っているので写れず空席です。。。
a0232235_7244648.jpg

壁。
a0232235_7282173.jpg

都市のような、建築のような、外のような、内のような。。。
a0232235_7563566.jpg

上からの風景と屋根。半ばジブリの世界。。。
a0232235_7325411.jpg

a0232235_7361112.jpg

この日は調査の後、個人で発表をおこない、考えの似ている人をあつめて
6つのグループに分けました。三日目はオフィスにてグループワークから
始まります。これからどんどん更新していくので楽しみにしてください。

友枝
[PR]
by kumalab-blog | 2011-09-15 07:46 | クロアチア-Croatia
祭り当日!〜膜照明編〜
約250mのアーケードの両側に照明をデザインして吊るしました。
今泉テントに音楽カフェと同じ工事現場の仮囲いに使われている膜の端材のメッシュの荒いものを提供してもらいました。
まず膜を三角形に切ります。
a0232235_15562282.png

それを丸めます。
a0232235_15562832.png

所々ほどけないようにホチキスで止めます。
a0232235_15563224.png

照明を入れて完成!!
メッシュの重なりによる光の変化がきれいです。
a0232235_15592199.jpg

これをアーケードに吊るして、竹灯籠と膜照明により幻想的な風景を演出しました。
a0232235_163545.jpg


田中
[PR]
by kumalab-blog | 2011-09-11 23:51 | 佐渡-Sado
祭り当日!〜音楽カフェ編〜
新潟県立大学がカフェを開き、隈研究室はその内装を手がけました。
工事現場の仮囲いに使われている膜の端材を今泉テントに提供してもらい、それを10cm幅の帯に切り、2枚の帯を織りあわせます。
a0232235_1559751.png

a0232235_1603344.png

端部を持ち上げると立体的な形になります。
a0232235_1604773.png

このユニットを音楽カフェの天井から吊るして空間を覆います(イメージパース)
a0232235_16114585.jpg

高さは佐渡の地形をrhinocerous,grasshopperを用いて3Dデータ化して、各ポイントの高さを計算した後、マッピングしてユニットの管理を行いました。
a0232235_16133455.jpg

a0232235_1655229.jpg

a0232235_16141673.jpg

a0232235_16191914.png

全部で1400個のユニットを天井にタッカーで一つずつ取り付けていきます。
ちなみに天井から床までの高さのユニットを織るのに一つ25分、玄人で15分です...
a0232235_16272682.jpg

a0232235_16274193.jpg

a0232235_16275299.jpg

a0232235_16281778.jpg

a0232235_16283114.jpg

照明を取り付けて、完成!!
a0232235_1629946.jpg

祭り当日はバンドの方に演奏をしてもらい、カフェで作って売っているつくね、柿スムージーを片手に音楽と空間を楽しんでもらいました。
a0232235_16322390.jpg

a0232235_17223185.jpg

膜を織って頂いた皆様、本当にありがとうございました!!
日本海と加茂湖に囲まれた敷地を感じさせるゆらゆらと風になびく、幻想的な空間が創れました。

田中
[PR]
by kumalab-blog | 2011-09-11 00:32 | 佐渡-Sado
祭り当日!〜竹のパビリオン編〜
竹のパビリオン祭り当日。
今泉テントに協力してもらい、舞台、音響設備、照明を設置して、椅子を並べて完成!!
100人が座れる大空間です。
a0232235_23225129.jpg

金具は一切使わず、竹と麻縄と人工茅の自然素材だけを用いたパビリオン。
a0232235_2325431.jpg

軒の納まりもキレイです。
a0232235_23302251.jpg

9日の20時からは、地元で琴を弾いている「音色の会」の方々が演奏会をしてくれました。
夜風を感じながら聞く琴の音色は風情があって心地良かったです。
a0232235_0444023.jpg

a0232235_0334842.jpg

当日に演奏が決まったにもかかわらず大盛況でした!!
a0232235_23344429.jpg

10日の19時からは佐渡の能演者で有名な祝忠生さんに依頼をして、舞囃子(演目のクライマックス部分のみを演ずる、ダイジェスト版とも呼べる演能形式のこと)の「羽衣」を舞って頂きました。
音と体が一体となり、静と動が内在するような優美な舞でした。
a0232235_0551876.jpg

a0232235_0562497.jpg

この日も立ち見のお客さんが出る盛況ぶりでした。
a0232235_135172.jpg

竹灯籠と膜照明と竹のパビリオンからなる通りの風景も素敵でした!!
a0232235_19688.jpg

ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。

田中
[PR]
by kumalab-blog | 2011-09-10 23:58 | 佐渡-Sado



KUMA LAB BLOG
by kumalab-blog